« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の記事

9才になりました♪

昨日、4月28日~チャポ丸は9才のお誕生日を迎えました♪

毎回言っていますが、

チャポ丸の誕生日、今年も月末なので、当日のお祝いは出来ません(>_<)sweat01

お友達からいただいた、素敵なbirthdayプレゼントのお披露目も

後々になってしまい申し訳ありません。

でも、ありがとうございました<(_ _)>

GW‥4/30(土)、5/1(日)は、お休み返上となりますが、

5/3~5日はお休みしますので、チャポちゃんに待っていてもらっています(#^.^#)

では、チャポ丸くん、皆さんに御礼を言ってくださいな!

0242

Photo_2こんな、チャポ丸ですが、

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>sweat01

 

| | コメント (10)

私の"生き物にサンキュ~!!"(成人編)

熊本を中心に、九州の方々へ、お見舞いを申し上げます。

3.11で、直接被害を受けていないチャポ丸地区ですが、

立っていられないほどの揺れを体験した私は、

未だに地震が来ると、あの時のことがよみがえり、怖いのです..。

大きな地震の後は、大きな余震が続きます。

3.11の余震も、5年間続くと言われていました。

どうか、被害が増えませんように..。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、"私"の動物記‥"子供編"から、だいぶ日にちが経ってしまいましたcoldsweats01

えー、はたちの"私"とポチくんからの続きでしたね....

20 ←大サービス画像

( ̄ー ̄)ニヤリ 私はびじんなのだ。(びしんの"び"は微妙の"微"と書く)

それはさておき~~

その後、ポチくんもいなくなります。

チャッピーくんと同じ病気で死んじゃいました。

‥以前にも述べましたが、我が家は山の中。

 ヤブ蚊がとても多いところでした。

当時のフィラリアの予防は、年に一度の予防注射でしたが、

それに間に合わず、罹ってしまいましたweep可哀相なことをしました。

そして、犬がいなくなった我が家の庭に、

野良猫達がやって来るようになります。

もちろんノラちゃんですから、手を出しても逃げちゃいます。

近所では野良猫の被害もいろいろ出ていたので、

食べ物をあげる様なことはしないようにしていました。

入れ替わり立ち替わり~いろいろな猫ちゃんがやって来ます。

そのうちに、子連れで出没する"おかーちゃん"とか、

黒猫の"タンゴちゃん"とか、ブス顔の"ぶす猫ちゃん"とかぁ~

勝手に名前を付けて、家族の話題になる始末┐(´-`)┌

‥だんだんと猫が可愛くなってくる"私"..。

こうなると不思議なもので、手を出すと寄って来る猫が現れるものです。

でも、いつの間にかいなくなって..。

そんなことを繰り返していたある日、人懐っこい雌猫ちゃんが現れます。

この雌猫ちゃん、近所の女の子に付いて来たらしいのですが、

何故か、我が家を気に入ってしまった様なのです。

この雌猫ちゃん、実はお腹に赤ちゃんがいた様でね、

母が、冗談半分本気半分で、

「赤ちゃん、ココで産みなねheart」なんて言いながら置いた、

食卓の下のダンボール箱の中で~~本当に産んじゃったのよ。

1987年4月21日‥"私"が親バカに目覚めた、記念すべき日でありますsmile

見てぇ~んheart04可愛いでしょぉ~lovely

870505

その雌猫ちゃんから生まれた"ユキ丸くん"。↑1ヶ月の写真です。

母が御産婆さんをして、一番最後に生まれた唯一の男の子であります。

他に3匹の女の子を産み、

"私"は、「みんな飼うーーーーッ!」と駄々をこねたのですが、

「飼えるわけないでしょ!」と一喝され、諦めましたcoldsweats01

他の仔達は、目の開かないうちに、近くの動物病院に委ねましたが、

母猫はというと.....

一緒に飼ってあげたかったのですが、所詮野良猫。

他のオス猫がちょっかい出しており、家族には出来ないと判断し、

釣り好きの弟が、"ココなら、周りの人たちが皆で可愛がってくれるよ"と、

とある岬へ連れて行きました..。‥そうですよ。捨てに行ったんですよweep

つまり私等家族は、その実、ユキ丸の親の仇なわけですよ。

870622

なのに、こうして↑じゃれまくるユキたん。

870602

この横顔の可愛さったら~ないでしょlovely

私達は、ユキ丸の可愛さに、気が狂うほどメロメロ( ̄▽ ̄)

家族の愛を独り占めのユキ丸は~

89422

蝶ネクタイなんてしちゃって、柘植の木に登って、

「オリラレナ~イcrying」と泣く、我が家の末っ子ちゃんになるのでした。

こうして、ユキ丸中心の生活に年月は流れ~~

とある日のこと、

外出していた母が、何かを両手で挟み持ち帰って来ました。

なにッ?!!(゚ロ゚屮)屮

これこそ"びっくりポン!"から、"どうしたもんじゃろのぉ~"ですよ。

なんと、歩いていた母の頭に飛んで来たそうです。

20031221_1940_001

そう、君が。

一緒に外出していた、父と弟(..."私"は家でユキちゃんとラブラブ中)が目撃者。

裏道的なところを歩いていたら、突然、バタバタバタと降って来たらしいです..。

「なんぢゃ?」と思い、捕まえたは良いけれど........

周りを歩いている人や、そのご近所に聞いて回っても、

何処から来たのかわからず仕舞い。~でもって、我が家へ。

さぁーて、ここで激怒したのが、"私"。

「ウチには、ネコがいるねんで!何考えとるンやannoy

「しょうがないでしょう..。頭に落ちて来たんだから。放っておけと言うの?」と母。

えーえー、仰ることはもっともですがな。

しかし、"私"は猛反対!何にしろ、6才のユキ丸がいるのですから。

ここで何を思ったか、このインコ。

20040102_1916_001

そして始まったのが、"まるみちゃんラブラブ攻撃"。

インコちゃんって、仲間同士お口でチュッチュ!しますよね。

それを"私"に....私だけにやる様になったのです。

‥私を押さえなければ、お家にいられないと思ったのですかねsweat01

しかも、部屋の中を飛びまわりながら、私の口めがけて飛んでくる..。

私はもう、"わーぁ!!(゚ロ゚屮)屮"って感じですよ。

私はユキ丸オンリー、一途なわけですから、こんなインコ許しませんpunch

手で、"バシッ!"と、このインコを叩きます。

しかしこのインコ、諦めません。

この繰り返しを何度やったでしょう..。

そのうち私も疲れて来まして~

とうとう、インコちゃん、まるみちゃんへのkissmarkチューに成功ヽ(´▽`)/

私の襟に止まって、(^3^)/チュッチュ連発ですよ。

┐(´д`)┌ヤレヤレ "私"の負けでございますぅ..。

もう笑いしか出ませんでした。

20040102_1917_000 こうして家族の仲間入り。

名前‥最終的には、"じーこちゃん"になります。

最初の頃、"ジェジェ♪ジェジェ♪"って鳴いていたので、

当時サッカー好きだった"私"は、

この年がJリーグ元年(1993年)だったこともあり、"ジェイ"と名付けます。

しかし、"ジェイ""ジェイ"呼んでたら、

なんだかうるさく感じてきましてwobbly改名。

Jリーグ元年7月11日、突然母の頭の上に飛んで来て~

はっ? 鳥ぃ?……くぅ~可愛い!」っちゃうことで(≧▽≦)、

当時、いきなりハットトリックを決めたジーコ選手のお名前をいただきました。

‥念のためですが、私はマリノスファンで、木村和司さんファンでした。

  えーえー、Jリーガーではありませんよ。古くてごめんねwink

当初、このインコちゃん、お鼻の色が肌色だったので、

てっきり~女の子と思っており、最初は"じー子"ちゃんでしたが、

そのうち、お鼻は青くなり、よくおしゃべりする様になり~男子と判明。

よって、"じーこ"となるのです。

20040102_1916_000 しかし、最初はやはり大変。

何せ家には~

890901

じーこちゃんに興味津津のユキ丸くん。

母もあたふたする始末。

はてさて"私"のとった行動は?

ユキ丸抱っこして、じーこの前に連れて行きました。

「さぁ~、今日からお友達。兄弟だよぉ!」

結構な強行手段ですよねcoldsweats01

母なんて、焦りまくった様ですから..。

でも、これがユキ丸の安心につながったのでした。

それからは、ユキ丸の上をバタバタ飛びまわっても、

尻尾をツンツンしても、静かなもんです。

ただ一度、あんまりお顔の前でチョロチョロするもんだから~

ユキちゃん怒って、にゃ~ッannoy

じーこちゃんの羽が1本と取れました(;´▽`A``

こんな感じで10年間程過ごします。

もちろん、ユキ丸くん中心で happy01scissors

そして2003年、16歳になったユキ丸は、

6.4キロもあり、パンパンと張った体格で、

"北勝海"などと呼ばれていた影もなくなり、背中はゴツゴツになりました。

お風呂場の小窓から、いっつもお外を見ていて、

"私"が帰って来るのを見つけると、急いで玄関へ来て待っている子でしたが、

だんだんとそれもなくなり、この年の7月2日、私は言いました。

「ユキちゃん、お姉ちゃんが帰って来ても、

もう玄関に出て来られなくなっちゃったね。」と.....。

その次の日です。私が帰宅しましたら、ヨタヨタと一所懸命私のところへ....

そして、

「ぼく、もう立っていられないよ.....」と、廊下の真ん中で崩れ倒れたのでした。

私は「ユキちゃん、もういいよいいいよcryingホントに良い子だねぇcryingcryingcrying

前日に私が言ったこと、ちゃんと聞いていたんですね..。

‥今もこの出来事は、母と私の涙を誘いますheart

そうして、この3日後、7月6日‥ユキ丸は神様のところへ行きました。

ユキ丸のいなくなった我が家は、ぽっかりと穴が開いた様でしたねぇ..。

じーこちゃんがいてくれたので、なんとか慰めになっておりましたが、

そのじーこも、次の年の1月21日にこの世を去りました。

20031221_1940_000

‥私は、写真というものに執着がなく、

 カメラを手にするのが、あまり好きではありませんでした。

 当時は、デジカメなんてものも手軽にはありませんでしたからねぇ..。

今回の写真、ユキ丸は、インスタントカメラで撮ったものをスキャナで取り込み、

じーこは、当時の携帯電話ですので、画像が小さいです。

しかもこのじーこちゃんの写真は、亡くなる寸前に撮っており、

今思うと、少しでも撮っておいて良かったぁ~!という感じです。

さてその後、我が家は大人の人間だけの生活となりまして、

やっぱりだんだん、小さくて可愛いものが欲しくなって来ます。

そんなこんなしているうちに、"私"の中で、ユキ丸がよみがえってくるのです。

夜、とめどなく涙が出る。死んでも可愛いユキ丸。‥可愛さが増してくる。

‥ペットロスって、こういうことを言うのですかね?

そして、ある日、"私"は心の中で叫んでしまいました。

"ユキ丸を帰して!"

そしたら何だかflairピンッと来ちゃったンですねぇ~。

それは、2006年の秋から冬にかけての頃だったと思います。

おほほほほ~犬飼おッ♪と。

それから"私"の頭の中は、犬犬犬~~dog

ユキ丸と同じ誕生日の子が良いなぁ~♡と思っていたので、

4月21日までは、いろいろ犬のことを勉強です。

これまで、いろいろな子と一緒に過ごしてきたけれど、

思えば偶然の重なりで家族になった子達でした。

"私"は、初めて、自らそれを求め選ぶということをすることになります。

次の年明けから、母と一緒にいくつかのペットショップに出掛けたり、

ネットでブリーダーさんの紹介を見たりしていました。

そうこうしているうちに、6月となり~

『4月21日生まれの子って~そろそろ出回るよね...』と焦り出した時、

ドキッheartとしちゃったの。

Baby

あるペットショップのネットショップに載った、このコ。

お誕生日は、4月28日‥

ユキ丸のお誕生日ではないけれど、両親の結婚記念日!

これこそが、"今でしょ!"ですよhappy02

"私"の心はこのコから離れなくなり、我が家へお迎え。

以前一緒に家族だった、

"チャッピー"と"ポチ"と"ユキ丸"の名前を合わせ、

"チャポ丸"と命名されました。

20070616 ←我が家に来た次の日(2007.06.16)

Dscf0224

↑イケメンになるかと思われたコは、

↓こんなお顔で~毎日ヘラヘラしている子になり、

0201

間もなく9歳になろうとしています。

12

おしまい。

 

以前にも、書いていたことや重複した写真もありましたが、

長々と最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

これからも、ブログの更新は滞ると思いますが、

チャポ丸との生活が、永く続くことを願い目指したいと思います。

お友達の皆さまのブログを通したりしながら、

私の"生き物にサンキュ~!!"は、今後尚一層に続くことでしょうconfident

今後とも、よろしくお願いいたします<(_ _)>

 

| | コメント (8)

2016年04月カレンダー

時間が無いので、取り急ぎ~~

【壁掛】

Photo

28日は、チャポ丸の9歳のお誕生日です。

チャポ丸が家族になる前まで、

28日は、両親の結婚記念日でした。

チャポちゃん来てから、結婚記念日は~忘れられています(≧∇≦)

【卓上】

Photo_2

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »