« ニッカのシードル5%! | トップページ | 2014年12月カレンダー »

続・チャポちゃんのお目目

後回しになっていた、チャポ丸のお目目のことです。

‥文ばかりでつまらないと思うので、

 お時間がありましたら、読んでください<(_ _)>

 

『角膜変性症』と診断された9月の上旬から、

"オプティミューン"という目薬軟膏を付けていました。

  ↑この目薬軟膏、dollarごてんえんちまつcoldsweats01

Photo

左の小瓶は"ビルベリーカレンデュラ"というお目目のサプリ。

白内障予防にもなるそうです。

‥目薬軟膏の付け方は、

親指の腹に適量の軟膏を置き、チャポちゃんのお目目の下瞼の辺りに付け、

親指と人差し指で、上瞼と下瞼を合わせるように~

優しくムニュムニュとお目目になじませます。

始めの頃はチャポ丸も、これをやらせてくれていたのですが、

私のやり方が下手なのか、

日に日に、やり終わった後~"わんわーんッ!annoypunch"と言って、

跳びかかってくるようになりました。

角膜変性症は、両目に同じ様な症状が現れるので、

両目に付けなくてはならないのですが、

右目に付けた後は、私の左手を。

左目の時は~右手をめがけ、噛みついて来ます。

でも、チャポ丸は私の手が嫌なわけではないことが分かりました。

お薬が親指についていなければ、同じ動作をしても嫌がらないのですから..。

そんなわけなので私は、付け終わった瞬間、瞬時に逃げます。

しかしその嫌がり方は、徐々に増し、私は逃げ遅れること数回。

そして~とうとう再起不能の....ってのは大げさですが、

何本かの指に、小さいものの深い傷を負うことになり、

チャポちゃんのお目目に薬を付けることが出来なくなってしまいました。

それが10月の上旬辺り。

‥つまり~ひと月ほどしかお薬付けていないのですねぇsadsweat01

どうにもこうにも困った私は、

即座に掛かり付けの獣医さんに相談ですよshock

10195

チャポちゃんの先生は、眼の専門ではないですが、

"眼もお任せ下さい。"と言ってくださっている方なので、

頼りにさせていただいております。

何にせよ、薬を付けられないということは、どうにもこうにもならないと思い、

"口輪"をすることはどうなのだろうか?との相談もしました。

早速の先生からの回答は....

「チャポ丸ちゃんの眼は"慢性"のものなので、

今、必死にならなくても大丈夫。

ずっと変わらずこのままかもしれないし。」とのことでした。

それより、口輪をして、チャポ丸にストレスが掛る方が良くない。

とアドバイスをいただきました。

親ばかかもしれませんが、チャポ丸は本当に可愛く良い子なんです。

私が、「チャポちゃん、お目目~お薬付けるからおいでぇー..」と言うと、

嫌で嫌で仕方ないのに、私のところに来て、

私の身体にペタペタぺたぺたと自分の身体をくっ付けながら‥

"うー、うー"と小さな弱々しい声を出しながら‥

しゃがんでいる私の周りをくるくる、くるくると何周かして、

チョコンと目の前に座るんです。

‥その姿に母は、可哀相で見ていられなかったと言います。

でも、とうとう....どうしても嫌になってしまったんですねぇ。

私の指の怪我は、傷はふさがったものの、

腫れと痛みは、未だに残っています..。

本当に可哀相なことをしてしまいました。

お目目の傷より、心の傷を大きく作ってしまったかもしれません。

実際私も、あのまま続けていたら…

私の神経もおかしくなっていたかもしれません。

チャポ丸のお目目は、

良くもなければ、悪くもなっていないというのが現状で、

症状が進行しないことを願うばかりです。

20

チャポ丸は、何事も無かったかのように、

今日もアホ顔で~楽しく遊んでいますheart

長々と、拙い文を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

|

« ニッカのシードル5%! | トップページ | 2014年12月カレンダー »

うちの"わんこ"」カテゴリの記事

コメント

まるみさん コメント遅くなってすみませんsweat01
チャポちゃん一生懸命頑張ってるんですね。
自分の体のためにいいことをちゃんと理解してると思いますし
心と体(反射的に動く)が葛藤しているのでしょうね(´;ω;`)ウウ・・・
お薬を塗ったり飲ませたりすることがスムーズにいかないと
どうしたらお互いにストレスを感じないでいられるか悩んでしまいます。

ちゃまも以前手術のあとの傷口を消毒したり
化膿止めのお薬を塗ったりしてた時期がそうでした。
嫌がるので上手くいかないと何度も何度も塗れたかどうか
確認し塗れてなかったらすごく落ち込みましたよweep
家族は一回ぐらい抜けても大丈夫と言ってくれましたが
わたしは何が何でもと必死だったんだと思います。
その頃は散歩にいってもちゃまがわたしに対して
何か一線引いてるなと思う感じもしたので必死さのあまり
心を傷つけたんだとちゃまに謝りました。
なのでまるみさんのお気持ちはすごくすごくわかります。
まるみさんも頑張られてます!!
指の傷はましになりましたかheart02
身近に心強いお医者様もいらっしゃるようですし頼られたらいいと思います。
なによりチャポちゃんのお目目の状態がよくなるように願っています。


投稿: ちゃまのママ | 2014年11月21日 (金) 09時17分

pencil ちゃまのママさんへ

コメントありがとうございます。
いや~びっくりしました。
ちゃまのママさんが、ちゃまくんのあの時に、そうだったなんて..。
ちゃまくんは、嫌がることもなく、
おとなしくお薬付けさせてくれるのだと思っていました。
"何か一線引いている.."という感じ、ホントそうなんです!weep
遊んでいても、どこか心が晴れていなくて、
気付くと、私~べしょべしょ泣いてるの。
チャポ丸を守れないなんて..。
お薬も付けてあげられないなんて..。
もう、情けないやらで、どうしていいのかわからなくなってました。
ちょうど仕事も忙しくて、毎日帰りは遅くなるから、
目薬付ける時間も落ち着いてとれなくて、
結構ムキになってヤケになっていたと思います。
ちゃまのママさんの"何が何でも必死"と同じですねsad
私もチャポに~謝りましたもん。
指の傷は~小さいのですけれどね。まだ腫れていて、しこりになっています。
うずく様な痛みはなくなりましたが、触るとまだ少し痛いです。
チャポ丸のお目目に関しては、毎月のシャンプーの時に
症状を確認してもらうことにしています。
せめて症状が悪化しないことを祈るのみです。
ちゃまのママさん、優しいお心ありがとうございました。
あの時の向きになっていた想いが、なんだか許された様で、
気持ちが楽になりましたheart04

投稿: まるみ | 2014年11月22日 (土) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニッカのシードル5%! | トップページ | 2014年12月カレンダー »