トップページ | 我、順風満帆也。 »

我が家に"わんこ"がやって来た。

2007年6月16日、まるみちゃん家に家族が増えました。
ちっちゃなちっちゃな"わんこ"。
‥このブログの主人公"わんこ"。
   付き人"まるみちゃん"は、ある時何故かパピヨンと暮らしたいと思いました..。
2007年が明けた頃には、まるみちゃんの頭の中は『犬』のことばかり。
何故、犬と暮らすことを考え出したのだろう...。
‥購入するところは、ペットショップ?それともブリーダーさん?
家の中で犬を飼うのは初めてのこと。何を用意したら良いの?
そしてまるみちゃんには、ある重要な決め事もありました。
それは‥4月生まれであるということ、、
何故かはまたの機会にカキコすることにいたしましょう..。

〔第1章〕

まずは、犬種選びです。

まるみちゃんは、いつの頃からかなんとなくパピヨンと決めていたのですが、お母さんは「キャバリアが可愛い~shine」と言っているし..。

「やっぱ犬は"柴犬"だろが!」という声もあったりして....なかなか決まらずの日々。

こういう悩みは楽しいもので、

まるみちゃんはお母さんと一緒にペットショップめぐりをしたものです。

‥しかし、なかなか心に響くワンちゃんには出会えませんでした。

そうこうしているうちに6月となり、

「もう4月生まれの子は市場に出始めているはず..」と焦り出した時でした。

本当にどうすれば気に入った犬をこの手に抱けるのか..。

ネットでブリーダーさんやペットショップを探していたら、何と!?犬までネットで買える?

ありえない、信じられない!と思いながら、

まるみちゃんは夢中でパピヨンの赤ちゃんを何匹も見ていました。

すると、"ドキッ!"まるみちゃんのハートに矢が刺さりましたheart

20070611_2257_000  まるみちゃんのハートをGetしたこの子。

‥しかし、この子は愛知県にいるようです。

         さてさて家族となれるでしょうか.....

〔第2章〕

まるみちゃんが見つけたこのお店は、全国にショップを構えているお店で、

ネットで見つけた子を確認出来るように、

飼い主を希望している人の近くのショップに移動してくれるのでした。

まるみちゃんは、すぐお母さんにこの赤ちゃんを見せました。

「ど~ぉ?お母さん!この子可愛いでしょ!?

この子呼んでもいい?」

躊躇している時間はありません。

他にこの子を選んでしまう人がいるかもしれない....。

「ねぇ、考えている暇はないの。取り敢えず横浜に呼ぶね!」

まるみちゃんはすぐにお店に電話をし、移動していただく手続きをしました。

‥近くのショップに移動してもらい、そのワンちゃんを実際に確認し、良ければ購入。

移動の手数料を先に支払い、そのワンちゃんの購入が決まれば、それは返していただけます。

ワンちゃんが横浜に来るのは一週間後と決まりました。

20070611_2306_000_2 毎日毎日このワンちゃんの写真 を見て、

まだ会っていないこのワンちゃんの名前も決まってしまいましたhappy02

まるみちゃんはお母さんと、ワンちゃんが無事に来るように神様にもお願いしました。

そして、待ちに待った"この日"。

お兄ちゃんの車でワンちゃんのお迎えです。

ドキドキそわそわ...無事にワンちゃんは着いたのかしら。

早く、早く、、お店は何所?わくわくドキドキ......

そして、お店に到着!!

「ワンちゃん、無事に到着していますよ。」とショップのお姉さんの言葉に一安心。

そしてそして、ワンちゃんとのご対面。

「甘ったれさんみたいですよ。」と紹介された"わんこ"は小さなダンボール箱の中でお腹を出し…ひっくり返ってチ○チ○出しグースカ寝てました。(・_・;)

‥ダンボール箱から出されてワンちゃんを、まずお兄ちゃんが抱っこしました。

ちっちゃなちっちゃなワンちゃんです。抱きしめたら壊れそう..。

次にまるみちゃんも抱っこしました。

ふわふわの赤ちゃん。なんて可愛いの..。

そして、お母さんが抱っこした時です。

ワンちゃんは自分の身体をくにゅくにゅと動かし、

お母さんのお胸にぴたっと!と寄り添ったのです。

まるみちゃんはびっくりしました。

ワンちゃんはまるで「お母さん、ぼく待ってたよ。」と言っているように安心して、お母さんのお胸にお顔をくっつけていました。

‥しばらくワンちゃんとふれあい、ショップのお姉さんに「いかがですか?」と言われ...

いかがですかも何もないcoldsweats01

だって~、ワンちゃんに会う前から「うちの子」になっちゃっていたんですから..。

‥そして、手続きを済ませるため取り敢えずワンちゃんをダンボール箱に戻そうと、お母さんがショップのお姉さんにワンちゃんを渡した時です。

ワンちゃんは「触るなpunch!」と言わんばかりに、お姉さんの手を噛んだのです。

”甘ったれさんみたい‥”と言っていたお姉さんの口から、

「このコ、ちょっと気が強いかも(-"-)」なんて言葉が出てしまいました。

でもそれを聞いたまるみちゃんはちょっと嬉しくなりました。

”だって、うちの子だもん!”

~そんな、気の強い甘ったれさんが我が家にやってきました。

 さてさて、どんな毎日になるのやら。

 はちゃめちゃ"わんこ"との愛あふれる毎日の始まりです~

|

トップページ | 我、順風満帆也。 »

ノンフィクションの物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | 我、順風満帆也。 »